mpc1000の電源改造 mpc1000 power supply modification

IMG_4810.JPG

ichionでメインに使っている機材にakai mpc1000というサンプラーシーケンサーがあります。

今まで内部のopamp交換などの改造も行ってきました。

今回は、内部電源を外部電源にしました。

mpcに使われている電源はスイッチング電源とよばれるもので
現在では、ほぼあらゆる電子機器の電源として使われています。
(携帯の充電器や、ACアダプタ系)
形が小さく軽量、しかも大電流を取り出せるのでとても便利です。

ですが、トランス式の旧式の電源の方が音がはっきりするので
今回はこの改造をしました。

まずは、仮組
IMG_4801.JPG

テスト回路をつくり、必要な電流をはかります。
IMG_4803.JPG

その後ケースや、内部基板をつくり本組します。

IMG_4807.JPG

本体側の内臓の電源を取り外し外部電源用ソケットをつけます。

IMG_4806.JPG

外部電源内部。


その後、改造前と改造後の出音を録音し確認を行いました。

結果としまして、
音数が多くなったときに、従来では音が引っ込む感じがありました。

改造後は音が多くなったり、低音など電流が必要なケースにも
余裕に再生されるようになりました。

やはり、トランス式の電源に勝るものはないようです。




この記事へのコメント