北極圏への旅 その5 イナリ2日目

IMGP8502.JPG



IMGP8510.JPG


IMGP8512.JPG


宿泊施設の湖



イナリ2日目、朝6時くらいに起きて宿泊施設の付近を散策する。

気温は-2度くらいで、無茶苦茶寒いわけではないが

外にいると身体が芯から冷えるのを感じる。


暗闇から、空が青くなっていく様子がとても美しく、

そのため、時間が許す限り景色をみていたくなる。

この日は風もなかったので、無音と冷たい空気の混ざり具合が

完璧すぎて、なんだか知らないがここに来てよかったと思った。


宿は、セントラルヒーティングのおかげで

常時約20℃をキープしている。

リビングルームが一番暖かく、自分達の寝室は

なぜか夜になると暖房設備が自動的にオフとなり

結構寒くなる。


とても乾燥しているので、夜のうちに下着類を洗っておくと

朝には乾いている


これは、とても便利で、ニューメキシコの時もそうだった。

乾燥していると肌はカサカサになるけど、台所や、バスルームが

湿気がないので、ゴキブリとかいないし、いつも清潔感がある。


それで、朝は8時過ぎくらいにならないと、回りが明るくならないので

いつまでたっても気持ちがオンにならない。


10時を過ぎてようやく行動しようかって言う気持ちになる。


本日は昨日のSAJOSにとりあえず行ってみる、ということと

歌のフィールドレコーディングができそうな地形をさがすという

ロケハンみたいなことをするのが目的だ。



それでお昼くらいにSAJOSに行くと

昨日ほど民族衣装の人達はいなかった。


IMG_8533.JPG

SAJOS


SAJOSは、総合文化施設とでもいおうか、

サーミ族の議会場や、大ホール、

学校、図書館、カフェテリアがある施設。

オーロラを見に来ている人達も

昼間の時間を持て余しているらしく

この施設でお茶を飲んだりしているのを何度もみた。


私達は、とりあえず図書館でサーミ族にまつわる資料をさがす。


文献は基本的に、フィンランド語で書かれているが

片っ端から資料をあさる。


たまに英語の本があったりして、フィンランド語ばかりで

読めない本を読んでいる時に、英語に出くわすと、すごい読みやすくて不思議な

気持ちになる。


図書館には、ヨイクのCDもあって、

図書館の方にCDを聞きたいというと、

「聞いてもいいがここには再生装置がないの。」

とのことだったので、

明日もここへ来るので、CDプレーヤーを持ってくるといって

了解を得た。


フィンランド語で何が書いてあるかわからない本を

漁って2,3時間が経ち、とりあえず本日第2の目的の

ロケハンをしようということになり、

車で行ける近くのトレイル/小山へ向かう。


フィンランドに来てからずっと曇り空で

小雨がときおりふる。時雨る。


とりあえず展望台みたいなところにつき

そこへ車を置いて、もう少し山奥に入ってみる。


まあ、歌えないことはないなあって感じで

一応の候補地として考えておく。


こんな山奥なのに、車の往来があったりするので

割と人の気配があって録音が難しいかもしれないと

思った。


IMG_8535.JPG



帰りの道で、また明日の行動の予定を考えながら宿に向かう。


まだ目的が定まらない。

何をしていいかわからない。

どこへ向かえば、どんな気持ちで、何をするんだ、ここで。


自分達で問いかけるが、そもそもほぼ思いつきで

ここにきているので答えは出ない。


ちょっと焦りも感じるが、まあビールのんじゃおう。

水より安いしな。って感じでスーパーへ。


本日は、ガイド本にものっていなかった

新しくできたスーパー行く。


まあそんなに値段変わらないし、古くても新しくてもどっちでもいいよなと思う。

しかし、欧米のスーパーで働く人達って

すげえ楽そうに仕事している。

日本もこうなればいいのにと思う。

支払いが遅くても、みんなゆっくり待っているし、

その辺りの寛容さがあってもいいのではと感じる。


本日のご飯は、なんと宿の台所の棚に

誰が使っても良いという食材を発見したので

それを使った。まあ適当ご飯。

かなりのセイブマネー。




この記事へのコメント