北極圏への旅 その2(上海からフィンランド着編)

格安航空券で今回も行く旅。
吉祥航空という、中国の航空会社で
羽田を深夜1時に出発し
乗り換え23時間を上海で待つという、
2日くらいを犠牲にする航空券。

で、初めて使う航空会社で、かつ不安一杯だらけの
上海での乗り換えだったので、最初は、上海空港で
23時間過ごそうと思いました。

しかし、思いのほか、落ち着かない空港だったので
結局仮眠後、上海をぶらつくことにしました。

IMG_8397.JPG

死んだように仮眠中ですが、実際のところ寝れない。

上海空港

IMG_8400.JPG

それで、何の情報も仕入れていなかったので
空港内で観光案内のパンフレットを見ているうちに
地下鉄で人民広場まで簡単にいけることがわかったので
まあ行ってみようかっていう感じで地下鉄にのりました。

IMG_8406.JPG

テロ対策だとおもうんですが、
地下鉄にのるたびに、このような検査場で荷物のチェックを
します。
すげえ不便です。

IMG_8414.JPG

それでとりあえず向かった先は、現代美術館という場所です。
なんにも目的なかったのですが、
なんとなく行ってみようかって感じで行きました。
ていうか、バカでかいんです。無意味に。
しかもここのエスカレーターが、尋常じゃない高さまで上がるので
途中で転ぶと、必ず死ぬんではないかと思います。
安全対策とかないです。

IMG_8418.JPG
エスカレーターの上から

IMG_8417.JPG
博物館から見た景色。

すごく近代化が進んでいて、
博物館近くのBMWホールというところでは、
AKBかけやき坂のコンサートをするらしく
多分1万人くらい入るようなところでしたので
すげえ、秋元先生。って思いました。

それで、地元の人が入るような定食屋さんで
ご飯食べて、まあぶらぶらして空港まで帰ってきました。
トランジットで、このように目的以外の国を
ぶらぶらすることなんてないので、
途中で本来の目的を忘れそうになり
「あれ、中国に来たかったんだっけ?」
と何度も思いました。

思っていたより、中国は楽しめたのですが
そこかしこに軍人さんがライフル持って立っていたり、
大通りに共産党のでかいポスターで建国70周年を祝うやつとか
たくさんはってあって、あんまり気分がいいものではなかったです。

国威や、国民の意識を高める的な感じがガンガンするので
僕は苦手でしたが、日本もオリンピック関連のポスターって
結構、これに近いノリがあると思ったので
日本も、ほぼ中国のような国になっているんだな
というのを痛感しました。


それで、ようやくフィンランド・ヘルシンキへ向けて出発しました。
多分12、3時間のってヘルシンキ到着です。

IMG_8447.JPG

ヘルシンキ空港は、ヨーロッパのハブ空港ですので
すごく便利でわかりやすい。
それでここから、国内線に乗り換えて
目的地イナリの近くの空港 イバロへ行きます。

IMG_8460.JPG
イバロ空港

それでようやくイバロにつきました。

しかし、空港へ降り立って、気温の違いとあまりの殺風景な
感じで軽く「やっちまったか。。。」
と不安になったのを覚えています。

つづく


この記事へのコメント