北極圏を訪ねる旅



10月に新たな楽曲製作のため北極圏を旅しました。

そして、EUの中では唯一といわれる
サーミ族の自治区であるフィンランド・イナリに滞在して
楽曲製作を行いました。


inari.jpg


サンタクロースの村で有名らしい、ロバニエミよりも
300km北にある小さな町ですが
siida,sajosというサーミ族の文化を知るうえで
とても有意義な博物館や施設があります。

私達は、今回もアメリカ、ズニ族の居留地を訪れた時と同じく
キャンプ地にて自炊型の滞在施設にて約1週間ほど
北極圏の森の中で過ごしました。

サーミ族は、昔はラップランド(現在は蔑称ということで、サーミランドと呼ばれます)とよばれた土地に
生活している先住民族です。
独自の自治区をフィンランド国内にて持ちます。
アイヌ民族とも交流を持っているそうです。

また彼らの伝統的な歌唱方法であるヨイクは
シャーマニックな歌唱方法でしたが
キリスト教の布教に伴う、シャーマンの弾圧により
シャーマニックドラムの破壊や、かつてのヨイクは失われたそうです。

また同化政策により、サーミ語の禁止や、民族衣装の着衣の禁止なども
過去にはあったそうですが、現在は徐々に復活してきているそうです。

今回は、サーミ族のかつて聖地であったTaatsi Seidaを訪問することができました。
出発前には、ほぼなにも情報がなかったので今回もsajosの中の図書館などで
サーミ族についての資料を探して発見することができました。

その場所は、音響考古学とよばれる学問(ヘルシンキ大学のこの学問に関するURL
https://www.helsinki.fi/en/researchgroups/acoustics-of-sacred-sites)の中でも
重要視される場所でもあるらしく(これは帰国後に知りました)
すばらしいエコ―(ディレイ)がかかります。

2日に渡り録音を行い、両日とも曇りでしたが
無風で、ほぼ-1cの乾燥した寒さの中での響きはとても澄んだ
今までの録音とはまた違ったものとなりました。

また違う日程で、さらに北極海を見てみたくなり(正確には北極海ではないですが)
ノルウエーのラクスエルフという街までいきました。
ここはフィヨルドの奥まった湾でしたがとても美しい場所でした。

IMGP8803.JPG

ここでも歌を録音しました。


また詳しい滞在記は別の機会に書きます。
次回作もとてもユニークなものができそうです。
どうぞお楽しみに。





この記事へのコメント