20180927富士山でのライブ

※note English commentary is below Japanese


イチオンでの活動として

新計画をスタートしました。


「自然の中での祈りと演奏」


私達が演奏している音楽は

アイヌ民族に伝わる神々の謡であったり

ズニ族に伝わる歌です。


こういった曲は、そもそも人々に向けて

作られていないのではないかという考えにいたりました。


それぞれの音楽は自然と向き合う中で育まれてきたものではないか

ということで、まず、自然の中でそういった曲を演奏をしてみようと

いうことになりました。


その第一回目ということで

富士山の麓、裾野市のあたりの樹海の中で演奏を行いました。


IMG_5985.JPG


このような森林の中での演奏です。


演奏にあたっての機材は

ハンドメイドのPAシステムと、ギター、簡単なエフェクター、

トラックはiphoneから出しています。sp1.JPGef1.JPGamp.JPG


演奏の様子


風景1.JPG



こちらにショートバージョンの記録映像






こちらにフルサイズの記録映像を載せます。






The activity information


Ichion play in the woods.


Date Sep 27 2018 pm3:00

Place The forest of Mt Fuji, near parking space of Nishiusutuka

Weather cloudy


set list


1 upopo,

2 ”Atuika tomatomaki Kuntuteashi hmhm!” Song sung by the Orca God

3 ”Ku rimse”Dance of the bow

4 ”Harit kunna” Song sung by the Dragon God

5 Eagle song

6 Rain song


songs1-4 Ainu Kamuy yukar

5-6 Zuni


We have launched the new project.


"Play (pray) in the nature"


The songs we play are originally from the gods of Ainu's folksons and Zuni tribe.

And these songs are sung in the nature, and people makes songs during

facing and living with mother earth = The nature.


So we think ourselves to stand the start line to play these songs,

this is the 1st session of this project.


We played in the forest of Mt. Fuji.


Our sound system are handmade PA,electric guitar "shigure",some effector,iphone for back tracks.



We really appreciate cooperators of Ainu people and Zuni teachers,

especially Mr.Hayasaka,Mr.Fernando Cellcion and his family, Mr.Jim Enote ,Mrs.Chie Tanimizu

and friends.










この記事へのコメント